怠け者の旅と多肉といろいろと

好奇心の赴くままにいろいろ書きます。

大人の見るトトロ お父さんにやたらと感心

子供の頃から何度も見てるトトロですが、立場を変えて見てみると新しい気づきがあるものですね。

 

親になったら、子供にこんな時どう答えられるかな?

さつきとめいのお父さんの会話に注目です!

 

めいがトトロにはじめて会った後に、木のトンネルの中を走って行きます。

「危ないやんか!そんなとこ入ったらあかんで」とは言わずに、一緒について行くお父さん。

トトロに会ったと主張する子供に、「いつでも会えるわけではないんだよ」と答えて適当な嘘をつくでもなく、否定することもなく、そつなく返す余裕!

 

木の実を庭にまいた子供に「明日、芽でるかなー?」と聞かれ、「トトロなら知っているかもね」というお父さん。

ここは、私なら「分からんなー知らんわ、出るかもねー」と言うやろな。。。

 

そう、知るわけ無いんですけど、知らんとか、言わずに子供に夢を与える回答をしている!

そして、否定するわけでも肯定するわけでもなく、適当な大人の返しをすることもないのが、素晴らしい!!と妙に感心してしまいました。

 

アニメの中とはいえ、こんな余裕がほしいものです。

大人になると、どんどん現実的になっていきますが、子供が夢を持てるような受け答えが出来る大人になりたいものです。